• トップページ Toppage
  • 医院案内 Information
  • 当院の特徴 Point
  • スタッフ紹介 Staff introduction
  • 診療案内 Treatment

診療案内

なかしま歯科での治療の流れ

1:口腔内のチェック・検査・応急処置(診療室もしくはカウンセリングルーム)
痛みや症状がある場合は、応急処置をして痛みを取り除きます。
今後の計画を作成する上で、必要な検査を行います。
(必要があれば)レントゲン写真の撮影、虫歯・歯周病の検査、
口腔内写真撮影等を行います。
2:説明・相談(診療室もしくはカウンセリングルーム)
カウンセリングで治療内容の説明と期間や費用などをお伝えし、
ご理解いただいた上で治療を始めます。ご心配なことや
治療に関するご要望があれば、遠慮せずにご相談ください。
3:治療・クリーニング(診療室)
虫歯の治療や歯周病の治療を行います。
問題がない場合は着色を除去したりクリーニングのみの場合も多々あります。
治療終了・予防へ
治療が終わってからが、メインテナンスのスタートです。
虫歯や歯周病を作らないために、検診と予防処置を徹底しましょう。
ここからが本当のスタートと言っても過言ではありません。

なかしま歯科ではスウェーデン式歯科診療を原則として進めていきます

スウェーデン式歯科診療とは?

日本ではあまり認知されていませんが、スウェーデンは予防歯科、歯周治療の先進国として知られています。
1960年代ごろ研究が始まり、現在先進国で行われている予防歯科、歯周治療と言われるものの軸となっています。

スウェーデンでの歯科事情はどうなっているのか

スウェーデンは実際、虫歯や歯周病が日本と比べると少ないです。
どのくらい少ないのというと…
虫歯は日本の半分以下。歯周病にいたっては、日本の1/4以下になっています。
では、同じ先進国と呼ばれる2国で、このような差が生まれてしまうのか?

スウェーデンでは、なぜ虫歯や歯周病を減らすことができたのか。その背景にはPMTCの普及があります。

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士のプロフェッショナルが専門の機械を使い、
高度なスキルで歯についた汚れを除去して完全にきれいにする処置です。
汚れを完全に落とすことにより、虫歯や歯周病になりにくくするという単純なことです。
今スウェーデンでは、PMTCを成人の80%の人・子供ではほぼ100%が定期的に受けるという習慣が
一般的となっています。
スウェーデンにいる多くの人がPMTCを定期的に行うということで、今の虫歯や歯周病を減らすことが出来たのです。

予防歯科によってどのようなメリットがあるか

予防歯科によって保たれるのはお口の中の健康のみではありません。口の中にいる菌(虫歯の原因となる菌や歯周病の原因となる菌)は全身のありとあらゆる部分に悪い影響を与えます。

スウェーデン式の予防を行うことで口腔内の細菌の数を減らすということで
脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病・誤嚥性肺炎・心内膜炎等の全身疾患も
事前に防ぐことが出来ます。

近年の研究で、残っている歯が多いほど長寿となり、認知症の発症リスク等も
飛躍的に下げられる事が実証されています。残っている歯の数が多い方ほど
医療費が少なくなるということも統計ででています。
自分自身の歯を健康に維持するということが、口の中の健康だけでなく、
全身の健康を長期的に維持し、質の高い生活を長くおくることに
つながっていきます。

スウェーデン式歯周病治療

まずは歯周病(歯槽膿漏)の検査を行い現在の状況を確認するところからです。
歯周病(歯槽膿漏)とはどのような状態なのかを簡単に絵でご紹介いたします。

健康な状態では歯の根の部分がしっかりと骨で支えられています。
歯ぐき(歯肉)にも炎症による腫れもないので引き締まっており歯をしっかりと支えています。

歯周病が進行した場合、歯についた歯垢や歯石から毒素がでることで
歯を支える骨を溶かし歯ぐきに炎症も誘発します。支えが無くなった歯は最終的には抜け落ちてしまいます。

なかしま歯科の検査内容

1:歯ぐきの検査を行います
歯ぐきの状態をチェックします。
2:ポケット測定・出血の有無
歯周ポケットとは歯と歯肉の間のことです。目盛りのついた専用の器具を使い
ポケットの深さを測ります。 1〜2mmくらいなら正常、歯周病が進行するほど
深くなります。また炎症がある場合は歯肉から簡単に出血が見られるので
出血する部位があるかどうかもチェックしていきます。
3:歯の動揺度(揺れ)のチェックを行います。どの程度かによって数値に置き換え計測します。
歯がどの程度揺れ動くかチェックいたします。
数値化して、症状の進行度合いを確認いたします。
レントゲン画像での診断

左側の写真では、右側の健康な人の画像にと比べて明らかに
歯を支えている骨が少なくなっていることがわかります。

上記のような歯周病の検査を行い、必要に応じて、
歯周ポケット内のクリーニングや外科的な処置を行います。
虫歯がある場合は虫歯の処置も必要になってきます。
一通りの処置が終わった後は定期的なクリーニングとチェックを
続けることで最も良い状態を維持させていくことに主眼を置きます。

審美歯科・ホワイトニングについて

ホワイトニングには、ご自宅で長く時間をかけて行うホームホワイトニングと、
院内で短期間で行うオフィスホワイトニングがございます。

オフィスホワイトニングの有利な点

歯科医師の目の届く範囲で治療を進行させることから、
安全性に気を配りながらすべてをコントロールできます。
改善度は緩やかですが確実性があり、即日に確認できる効果が期待できます。

言い換えるとオフィスホワイトニングは即効、つまり「ある程度の白さ」を得られることが最大の特徴と言えます。

オフィスホワイトニングの不利な点

安全性を重視して限定された部分のみが対象となります。
また、初期に使われていた製品よりもマイルドになっていますが、即効性が求められる性質上、
変化が強すぎてチョーキーホワイト(白濁)になる傾向もあります。
皮膚や粘膜に付着した場合は火傷のような症状が出ることがあります。

症例紹介

実際の症例をご紹介いたします。
個人差はございますが、このような形で白さを取り戻すことが可能となります。

オフィスホワイトニングをするにあたって

患者様ごとのカスタムトレーを制作し、オフィスホワイトニング時の安全性を向上させて行います。

禁忌症(対象外)となる具体例

●妊娠中や授乳中の女性

ホワイトニングは「歯が痛くて眠れない」などの緊急を要する治療ではないので
精神面・肉体面ともに不安定な時期を避けて安心して治療が受けられるまで待つようにしましょう。
ただし歯のクリーニング等は簡単に行うことができるのでご相談ください。

●アレルギーを有する場合

ホワイトニング剤、あるいは治療に使用される器材にアレルギーを有する場合は治療ができません。
またアレルギーとは異なりますが、無カタラーゼ症と診断されている場合は薬剤が有害物質として
体内に残留してしまいますので治療は不可能です。

歯の成育段階で、障害により未完成歯のまま放出した不全症の場合、深部の歯髄組織まで
薬剤が浸透しやすいため、歯の神経組織にダメージを受ける可能性があります。

本院で使用する薬剤

30〜44%の過酸化水素、あるいは5〜35%の過酸化尿素が含有されています。

ホワイトニングの完了は?

ホワイトニングの治療に対しては学問的な基準はありません。
「患者さんの主観による判断」が主体となります。 継続をすることでさらに変化が続くことも多いです。

メインテナンスの必要性

ホワイトニング終了後、患者様自身のケアとしては生活習慣や食生活を見直すことで、
ステイン再付着の防止ができることが多くあります。 ただし必須条件ではありません。
ステインの原因となる、タバコ・コーヒー・ワイン等の嗜好品を控えるのが
難しい場合にはプロによるケアの頻度を上げればよいだけです。

プラークコントロールを徹底することは前提ですが、難しい場合は
1ヶ月に1度の来院で機械的に清掃することで管理できる場合が多数です。

オフィスホワイトニングの流れ

1:問診
問診にて、嗜好品や生活習慣のチェックを行います。
2:カウンセリング(相談・インフォームドコンセント)
ホワイトニング術式に関する注意事項や期間、 費用についてのご説明を行います。
3:治療の決定
問診・カウンセリングを基に状況を確認し、治療を行うかどうかを決定します。
4:口腔内審査

う蝕(虫歯)の有無・歯周病の有無・プラークコントロールの適否をはじめ、
外来着色・歯石等の付着度合いや知覚過敏の有無をチェックいたします。

5:術前処置

歯の機械的清掃や、シェード(色調)の確認を行います。

6:トゥースホワイトニングの開始

ホワイトニングにかかる期間は患者様のご希望の色調等によって異なります。

7:メインテナンス

ホワイトニングの終了後は、定期的なメインテナンスが必要となります。
経過を観察し、メインテナンス期間を少しずつ空けていきます。

施術後の再着色とメインテナンスについて

ホワイトニング後に再着色が生じるのは、
口腔内にさまざまな物質が取り込まれる以上避けられないことです。

オフィスホワイトニングの場合、最初の1週間で歯科医院で使う色調比較表で
1〜2ランク低下してしまうことが多々あります。
ただし、適切なメインテナンスを行うことで長期間維持することが可能です。

メインテナンス間隔について

一般的には2〜3ヶ月に1度の間隔で再確認を行い、
後戻りや最着色の経過が安定すれば6ヶ月に1度くらいの間隔でも良いと考えられます。